Welcome to my blog

40代男女の出会い系活動

40代女性の出会い系の利用パターン|4選

0

40代女性の出会い系の利用パターン

pcm_1.png

今回は出会い系サイトを愛用される40代女性の利用パターンについて振り返っていこうかと思います。


出会い系を利用していると様々な女性に遭遇するわけですが、意外と決まったパターンに分類されているようです。


そこで個人的に感じた比較的多いとされる利用のパターンを4つほど挙げていきたいと思います。


  • 恋人探し
  • 日記の読者
  • 写真コンテストの参加者
  • 何となく



  • 恋人探し

    まず最初に挙げるのが「恋人探し」のパターンになります。


    プロフィールには「恋人探し」の項目がチェックされており、「年下好き」「同年代希望」「年上好き」といった形でプロフィールの自由欄に記載されています。


    また真面目な交際を希望であれば、写真の方もしっかりと掲載されており、アプローチする側の男性には写真アリをお願いされることが多いように思われます。


    一方で既婚者さんの場合には、サイトではなくアドレス交換後にお互いの写真を交換し合うこともあるようです。


    基本的にどちらも「エッチ目的」に不可がされているため、一般女性としての判別がつきやすく、男性としても安心してアプローチができます。


    年上でも年下でも紳士的な男性が好まれます!
    異性とのやりとりの前には自分のプロフィールをしっかりと確認しておきましょうね。



    日記の読者

    次に紹介するのが「日記の読者」のパターンです。


    40代以上の女性の場合、掲示板やチャットなどで「友達作り」をされるよりも、こうした交流を重視されているように思われます。


    そして日記の内容としてはアダルトなものではなく、映画やドラマの話など日常的なピュアのものを好まれる傾向にあるようです。


    そのことからも「恋人探し」のパターンとは違って、アルバムの写真には趣味に関連したものを掲載する方が多いように感じられます。


    異性だけではなく同性の友達ができやすいのも日記の魅力ではありますね。
    それに関しましては過去記事の【出会い系サイトの女子会】を参考にしてくださいね。



    写真コンテストの参加者

    続いて「写真コンテストの参加者」です。


    料理や旅行の写真といったピュアなものを掲載される方もいれば、一方でアダルト色の強いセクシー写真を掲載される方もいらっしゃいます。


    出会い系では20代、30代の女性よりも、40代以上の女性の方がセクシー写真を掲載される確率が高いようで、そうした方々には一定のファンもいらっしゃいます。


    そのためアプローチするには少し難しいといった印象です。


    しかしセクシー写真ではなくピュアな写真を掲載している方であれば出会いに繋がる可能性としてはそう低くないかと思われます。


    写真コンテストでは積極的に投票することをオススメします!
    もしかしたらそれをきっかけにお気に入りの女性とも仲良くなれるかもしれませんよ!



    何となく

    最後に紹介するのが「恋人探し」などが終わって「何となく利用されている」パターンです。


    出会いに繋げる場合だと他に比べて難しく、過度なアプローチはあまりよくないと思われます。


    しかしこのパターンの特徴としては、日記やメールに対する返事が丁寧であることです。


    利用歴もそれなりにある方なので、ピュアな交流を重ねれば良い友達になれるかと思われます。


    相手が悩みを抱えた場合にはしっかりと聞くようにしましょうね。
    近場だとカラオケ友達や旅行友達にも発展しますよ!


    40代女性が活発な大手サイト3選


    ran1.png
    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    PCMAXは創設10年以上の会員数1000万人を突破する老舗サイトです。男女ともから多くの支持をされており、プライバシーポリシーにのっとった良識的な運営をしていることで有名です。


    ran2.png

    イククルは会員数1300万人の出会いコミュニティーサイトです。出会いに繋がるコンテンツが充実しており、安心安全への取り組みを徹底しながら登録の方は完全無料となっています。


    ran3.png
     

    ワクワクメールは運営実績20年を誇る比較的若い女性に人気の恋愛マッチングサイトです。男女ともに登録は無料となっており、サイト内には豊富なコンテンツが備えられています。







    スポンサーサイト
    [PR]

    0 Comments

    There are no comments yet.